厳選!シルバーアクセサリー購入6サイト

ホーム > シルバーアクセサリーについて > シルバーアクセサリーの魅力は軽さ

シルバーアクセサリーの魅力は軽さ

 オリジナルデザインのリングやペンダントヘッドなどを制作する工房もあれば、ジュエリーショップも展開されていますが、シルバーアクセサリーに標準を合わせると、レディースよりメンズ向けのアクセサリーである印象です。
メンズファッション誌でも、シルバーアクセサリー特集が組まれており、10代から30代を中心にファッションに取り入れられています。
価格もゴールドやプラチナと比べても安価、10000円程度からラインナップされているのも、若年層からウケ入れられている理由のようです。
ゴールドは年齢を重ねてからでも遅くなく、例えば、ヒップホップ系のファッション、重みのあるゴールドアクセサリーより、いい意味で軽さのあるシルバーアクセサリーの方がバランスも取りやすくなります。
また10代から20代ならば、学校、ファッション、色んな意味で遊べない問題もあるようです。
個性的なシルバーアクセサリーを1点だけ取り入れる、こうした遊び心を引き出すこともシルバーアクセサリーの魅力になっています。
背伸びをせずに楽しむことができる、多彩なデザイン性がシルバーアクセサリーとも言えそうです。

 メンズアクセサリーとしては、普段使いでリングを装着している率は非常に低いようです。
マリッジリングを含めて3割ほどしか身につけていない調査結果もあります。
海外ではメンズジュエリーは定番化しており、欧米の925シルバーアクセサリーのジュエリーブランドが良い例です。
ジュエリーとして捉えるのではなく、ファッションという点で見ると取り入れるチャンスになるようで、メンズファッション誌でもコーディネートが掲載されています。
ビギナーであれば、石などがセットされていないシンプルなシルバーペンダントから身につけるのがポイントです。
シルバーリングは、つけ心地に慣れていないとストレスに感じてしまいます。
汎用性がポイントで、ペンダントヘッドも小さめであればストレスなく身につけられます。
また、メンズアクセサリーならばピアスなど、髪の毛などでチラ見えする隠れたオシャレから取り入れてみるのもオススメです。

 しかし、メンズのみならずレディースアクセサリーにもシルバーは用いられています。
また、シルバーアクセサリーの魅力は黒ずみという変色です。
アンティーク、ヴィンテージ感さえ演出することが可能ですから、その古さをファッションに反映させることができます。
また、プチプラ価格のシルバーアクセサリーなら、ファッションに色を添えることができそうです。
例えば、シルバーネックレスを2連や3連にしてブレスレットにしてみたり、ブレスレットをニーハイブーツにセットすれば、足元をグッとオシャレに見せられます。
他にも、バッグのチャームになど、アイディア次第でアクセサリーがファッションを彩るアイテムに早変わりします。
シルバーアクセサリーは、水に濡れても錆びることがなく、軽さがあるため、重ね付けしてでも負担にはなりません。

次の記事へ

カテゴリー